2009年01月08日

ノウハウ伝承

仕事上の経験はまず個人のノウハウとなり会社のノウハウへ発展していかなければ組織力へはつながらない。貴重な失敗を繰り返すということは改善がされていないか、ノウハウが伝承されていないためだと思う。
 
ノウハウを伝承しない理由を考えてみると、伝承行為に対価を支払う文化が形成されていないからだと感じる。太閤ではないが自分の周りには利で動く人が多い。人は皆そうだろうとも思う。
 
話がずれるが、乳母車を押しながら母親が電車に乗ろうとした時に、車のローラが電車とコンコースとの隙間に挟まった瞬間に、電車から下りようとしたおじさんが反射的に乳母車を抱えあげる姿を目にしたときに、すっーっと新鮮な感覚を覚えた。これは利で動いているのだろうか? これは道徳感だよね。
 
話を戻して、現代の大企業においては伝承行為を道徳で行う社員はいないと思うのだ。そこは計算で、伝承する行為を評価する制度にすれば簡単に皆の振舞いが変わるという理屈になる。ノウハウ伝承が根付かない現実とその重要さに気づいてはいるラインの管理者達が、もがいている現状。
 
その中で、自身は昨年の失敗の産物を文書化しようとしている・・。
posted by ジロ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25306679
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック