2010年01月18日

グーグルが日本を破壊する

先日の「Google誕生」の関連図書として読んだ。マイナス思考の話かと思って読んでみると、因習を破壊する力学としてグーグルサービスを捉え、いくつかの側面から近い将来をプラス思考で分析したためになる話を得られた。
 
特に日本の広告業界のカラクリや報道業界のカラクリの話は面白く、USでのグーグルサービスが日本へ上陸する時には金融ビッグバンに類似した現象が起きるであろうことがリアル感を増してきた。まさに黒船来航だ。一般ユーザや中小企業にはありがたい話だが、法規制や均衡で温床に慣れた業界の関係者達は生死を分かつ地殻変動に容赦なく巻き込まれていくというのは怖い話ではあるね。「発展し続けるためには環境に応じて変わり続ける必要がある」というのは良い格言だ。
 
<予想される黒船来航>
・Google TV Ads
・Google Print Ads
posted by ジロ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34821978
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック