2010年01月21日

スマートフォンのソフト配信

ドコモがGoogleおよびMicrosoftと、ソフト配信事業で提携するらしい。スマートフォンでソフトをダウンロードする際、自動で課金されドコモの通信料支払いの中に織り交ぜられるとのことで確かに便利はよくなるが、衝動買いなどしてしまいそうだ。ドコモは当初コンテンツ充実を図るために、他社コンテンツの集金をユーザへの通信料請求の中におりまぜることで代行し、他社のコンテンツ提供を誘うモデルを思いついたけど、その課金代行サービスの応用だ。Googleがモバイルに本気になっていることからも、今後も携帯業界はますますサービス競争で白熱しそうだ。冷え切ったSI'er達は、今こそモバイル系で稼げるなんらかのビジネスモデルを培うことが必要だろう。
posted by ジロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34877825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック