2010年01月22日

アバター

ジェームズ・キャメロン監督のアバターを鑑賞した。何の先入観も持たずに見て、久しぶりに面白い映画だった。上映時間は3時間で立体映画のため専用グラスを入り口で配布される。宇宙船の中のシーンから始まるが、複数カプセルの周りに浮いている人間達が妙に立体的で昔のキャプテンEOを思い出した。空を飛ぶシーンもディズニーランドのスターツアーズを彷彿させられ視覚的にかなり楽しめた。題材としては人間の征服欲に対する皮肉がテーマになっている。仮想の身を借りて普段近づけないコミュニティに入り込むというストーリが自分の興味と噛み合っていい具合に入り込めた。生身と仮想の身とを脳波でリンクするようなことは類似の映画やアニメで良く出てくるが、今回はSFの要素も入り、何故か感性にマッチした。映像や立体性が珍しいための刺激とも言える。特にアバターを構成するCGは表情や動きがリアルすぎる。俳優が特殊メイクをして演じているのかと思っていたら、CGの技術革新で俳優が演じるモーションをキャプチャしてCGを構成しているとのこと。凄く制作費もかかりそうだけど、すごい映画を作れるようになったんだなぁと関心する。映画の最後に出てくる製作関係者の名前が延々と終わらなかったから、その大変さが伺える。
予告で不思議な国のアリスを見たが、これも立体が面白そうだ。これからは立体映画の時代かー。
posted by ジロ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
スーパーコピーロレックス代引き専門店,【人気N级品】ロレックスコピー | Jpproshop999.comロレックスコピーこれ 時計のモデルは精巧で精巧で、好かれます:まろやかで潤いがある光 沢の表す殻、トカゲの皮の製造する腕時計のバンド、cui明るい数字マーク、これらは特に女性がではありません 本質的でとてもすばらしく際立たせますか?つける者が1あることができるのは小さいです 時の内にダイヤモンドの時計の文字盤の上からのハート形のサイドオープンの小さい窓の中 3600回が精確に震動することを見ますロレックスコピー
Posted by ロレックスコピー at 2014年02月12日 15:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34896454
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック