2010年01月23日

小沢問題

本日午後は小沢幹事長の任意事情聴取が都内ホテルで行われた。近頃では、JAL問題と小沢問題が仕切りに話題に上り、その行方は興味あるところではある。ホテル聴取が最後まで行われたということは、少なくとも顕著に問題になる発言なり事実なりは出なかったと言えそうだ。これで一件落着するのか引き続き何かが出てくるのかが気になる。
田中角栄研究(立花隆著)で出てくるような話はすべて経験している小沢さんだから、単純な過ちは犯すまい。ただ、合法であれば何をしても良いのかという論法で”説明責任”というキーワードを前面に出して世論(メディア)は騒ぎ立てている。違法なことがあるのではと疑っているからこそ騒ぎ立ててるはずなのだが、見つからなくても大きなお金が動く場所は何らかの理由をつけて攻め立てようとする大衆傾向がある。
官僚達が税金を無駄遣いする事件は無視できない不快な出来事だが、小沢問題はそうしたタイプとは性質を異にしていて、権力者に対する政略的なパワーゲームのように見えてならない。きっとしばらくは毎日報道で騒ぎ立てるのだろう。
posted by ジロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34911076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック