2011年12月01日

新書太閤記 寧々と結婚

新書太閤記 めちゃ面白い。小6で買ったこの本だったが今漸く夢中で読んでいる。
吉川英治の書きっぷりに引き込まれて行く。信長も秀吉もこの作家の描い写にかかると胸元はキュンとくるし、目頭も熱くなる。
今日もついつい電車を降り損ねそうになった。
エピソードとしては知っているものばかりなのだが、交わされる会話と描写に見せられてしまうのだ。
いやはや、信長はかっこ良すぎるし、藤吉郎は賢すぎる。
寧々との結婚の下りは、この二人だからかも知れないがやりとりが美しく麗しい。
しばらく楽しめそうだ。
タグ:寧々 太閤記
posted by ジロ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51280982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック